保険の選択の前に保険相談

注目

生命保険に加入しようと思うとき。
人それぞれきっかけがあると思います。
まぁ、大抵の人は会社に入った時などに、保険の営業さんに勧められて・・・ってパターンが多いですかね。

ただ、何かあってから保険に入ろうと思っても遅いですよね。
一度病気になってからじゃ、保険って結構入りにくいもんですよね。
保険料が高くなったり。

テレビCMで、「持病があっても大丈夫」などいうキャッチフレーズで売っている保険もありますが、掛け金も安くて、手軽に入れる保険はやはり持病が発生する前の方が加入しやすですよね。

ほんとに保険っていう意味で月々数千円程度の掛け金の保険に入っていて実際に持病でなく、盲腸などの急病にかかり、入院費や手術費などが保険でまかなえた!!という話をよく聞きます。

使わなかったらそれでいいやーっていうくらいの保険だったとみんなおっしゃってます。
でも、それが役に立つことがあるのなら、いろいろと保険料や内容を吟味して複数加入するのもありかもしれませんね。

でも、重複加入が認められていない保険も中にはありますので、気をつけなければなりません。
それに保険の重複は保険料が高くなってしまいますよ!
保険に加入するならまずはお得な保険相談で保険相談してみてはいかがでしょうか。

合宿免許のデメリット

自動車免許って子どもの頃憧れませんでしたか??
大きな車を自分で運転できる。
魅力いっぱいですよね。

大人になったら運転できる。
そんな期待を胸に、いつも車に乗っていた自分が・・・。

18歳になると自動車免許が所持できるという事。
結構身近に感じるのかもしれませんね。

18歳と同時に自動車免許がもらえるのならば、
チョッピリ嬉しい気がしませんか??
誕生日が早い人はこういうときは嬉しいのかも。

車を動かせる。
自分が運転できる・・・って。

とりあえず、18歳直前で色々考えるのかもね。
どうやって自動車免許を取得しようかしら・・・って。

教習所通い。
コツコツまじめに取り組めば、1ヶ月ないし2ヶ月で自動車免許は取得できる予定

とは言え、いかなる理由が発生するか分かりません。時期にもよるけど教習所が混んでて予約がとれないって場合もあるしね。
なので、期間は人それぞれでしょう。

忙しい人には割り切って合宿で自動車免許の取得方法も。
これってどうなんだろう?

ある意味興味津々。
面白そう、楽しそうって。

まじめに短期集中型になるのでしょう。

まぁ、安全ドライバーになるのならばそれもいいでしょう。
ただし、合宿で自動車免許取得なゆえに、
田舎での講習がきっと多いので、都会での運転が怖いかもね。

運転には変わらないんだけれど、
慣れるまでは要注意ですよ。

自動車免許を素早く取得できる合宿免許

自動車免許の取得方法。
いくつか上げられますよね??

一番定番なのは18歳を過ぎれば普通に教習所通い。

実技もコツコツこなして、学科も時間割を見て自分で参加。

時間の融通をそれなりに付けて、なんとか仮免合格。
で、本物の免許に向けてまたまた取り組む状態。
それだと人によって時間がかかってしまう。

時間の融通が付かない人には、短時間コースは厳しいのかもね。

出来れば最短時間で自動車取得はしたいけれど、現実にはそう旨くいかないでしょう。

となれば、割り切って合宿免許って手も。
時間の都合って言うよりは、期間の都合??

仕事をしている人。やっぱり多いでしょう。家を開けれない人もいますよね。

フリーターの人とかは自動車免許取得に集中してまとまった時間がとれるかもしれませんね。
まとまった時間が2週間くらいとれて自動車免許取得を優先するのだったら合宿免許もひとうの手段ですね。
有名な合宿免許なら安い合宿免許がみつかります。
優先するということは、どれかを犠牲にしないといけないのかも。

仕事優先だと自動車免許の取得はまだまだ先になりそう??
まぁ、急いで取得よりもじっくり安全にですね!

生命保険料を安く

生命保険料を安くするには払い方を工夫するのも効果があります。
一般的に生命保険料の支払い方法は月払いで口座引き落としの方が多いのですができるだけまとめて支払う方が割引がきいて保険料は安くなります。
月払いより半年払い、半年払いよりも年払いといった具合です。

まとめて一気に払うのは負担ですが、毎月その分を積み立てておけば問題なく支払えます。
また、終身保険は終身払いと有期払いの2種類の払い方があります。
あなたがもし長生きするなら有期払いの方が保険料の支払いトータルは安くすみます。

できるだけ車の任意保険の保険料を安くするには任意保険 車の一括見積もりがおすすめです。
車の任意保険を見積もりするならお得な任意保険

定期医療保険

定期保険に加入する場合、10年、20年、30年などと保障期間を決めることになります。 また、掛け金も早めに支払うのか、保証期間内ぎりぎりまで払うのか・・・。 それによって、月々の保険料も違ってきます。

保障期間が短ければ短いほど、保険料は安くなります。
とりあえず、子育てがひと段落するまでの間、支払額は抑えたいけど、保障はきっちり欲しい。
でも、子育てが落ち着けば、保険料が少々上がっても支払うことも出来るし、保証内容も見直したい。

そういう場合には、定期保険がぴったりだと思います。
もちろん、保障期間が切れれば、翌日からは保障がありませんので、きっちりと更新して、保障を切らすことのないようにしなければなりませんが。

その更新時の年齢や状態によって、入りたい保険、つまり保障されたい内容を変更することも可能ですね。
終身だとなかなか保険の見直しなんてことなかなかしなさそうですが、契約が切れてしまう定期なら、更新の際にいろいろと保障内容まで精査できそうですね。

掛け金や保障内容などをしっかりと吟味して、その時の自分にあった内容で契約できる定期保険は使い方によっては、素敵な保険かもしれません。
保険見直し相談の決定版