永代供養

今お墓のことでとても問題になっているのは、お墓を見る人がいないこと。
少子化で子供が減っているため、お墓を守る人も減っているのです。

我が家で見ても、我が家のご先祖様のお墓は私の子供しかいなくなってしまいます。
私は嫁に出てるので、我が家の子供たちからすれば、名字が違うお墓が二つもあるわけです。

それに加えて私たちの両親、私たちとお墓の数は増える一方で、お墓を見る人は減っていくのです。

その為、なるべく残された人たちの負担にならないよう。
亡くなった人がきちんと供養されるよう、『永代供養』というものがあります。

これはもう誰も見る人がいなくなってもきちんといつまでもお寺さんなので供養してもらえるというものです。

金額はその宗派などによっても違うのでしょうけど、結構な金額がかかると聞いています。

でも、それを今支払っておけば、自分たちが亡くなった後のことは全く心配せず、お墓も持たずに、お寺さんの中で供養してもらえるのはありがたいかもしれません。

子供たちには家の中で位牌で拝んでもらえればそれでいいかな?

でも、その位牌もいつかは邪魔になりますよね?

永代供養はそういうのも引き受けてもらえるのかな?

今や亡くなった後のお墓と同等の選択肢の一つになっていますね。

コメントは受け付けていません。