とある看護師のひとりごと

看護師として働いているうちに気づいたんですけど、看護師には2通りの人間がいるということです。

1つは失敗を恐れずに挑戦する人。

もう1つは失敗を恐れて挑戦しない人…ではなく、人のことを批判だけしてなにもしない人。

そりゃ、看護師として働く理由は人それぞれですけど、決まった時間に仕事にきて、決まった時間になってもダラダラと仕事を続けて愚痴ばっかり言ってて楽しいですか?って言ってやりたいですね。看護師辞めたい!転職体験談ってサイトを見てて思ったんですけど、看護師辞めたい人はたくさんいます。

このままだと私自身が批判する人になってますね。

なんていうか、医療って日々新しい薬が開発されて、臨床に使われるようになって学ばなければならないのに、学ぼうとしない人たちに腹が立ちます。

腹が立って仕方がありません。

じゃあ、患者の変化や副作用に早く対応するために薬の作用機序や採血データの推移をみていく私は無駄な努力なんですかね。

勉強してもしなくてももらえる給料が同じで評価されないのっておかしいじゃないですか。

だから私は病院を辞めて老人施設に転職しました。

辞めないで長く勤めればいいだけの看護師人生なんてつまらないじゃないですか。

仕事でさえも楽しくやりたいですよ、私は。

好きで続けている仕事ですから定年まで楽しみ続けるんです。

看護師である前に1人の人間ですからね。

多分この仕事をしなければ絶対出会えなかった人もいます。

別に芸能人だとか著名人じゃないです。

人の縁っていいますかね。

そういう人と人の出会いの結びつきは好きなんですよね。

人生の先輩方ですから、患者である前に病気を持った人として関わらせてもらってます。

そういう相手を尊重できない人と仕事するのも嫌なんですよ。

愚痴ってるのは自分な感じですが、良いと思えることはまず実践して今後もいきたいですね。